闇金に手を出してしまったら?

 

闇金というのは、怖いところ、利用してはいけないところ、
というのは頭では分かっていても、
「それでもどうしてもお金を用立てる必要があったから」と、
利用してしまう人はあとを絶ちません。

 

しかし、そんな理由で闇金に手を出してしまうと、下手をすれば「骨の髄までしゃぶりつくされる」という状態になってしまう可能性もあります。

 

闇金とは、それほどハイリスクな悪徳業者なのです。

 

一度闇金に手を出してしまった人が、救われる方法はないのでしょうか?

 

とにかく早急に警察に相談しよう!

 

闇金というのは、「法律をまったく守っていない、そもそも守る気すらない」と言う存在ですから、
闇金と戦うには、とことん法をタテにするしかありません

 

そのためにもっとも強い味方になってくれるのが、警察です。

 

まず、闇金が違法な取立てや法外な高金利を要求してきた場合は、これは刑事罰の対象となる行為ですので、
すぐ警察に相談してみましょう。電話だけで相談をするのでなく、
警察署や交番まで出向いて、対面でしっかりと相談することが大切です。

 

実はこれだけで、闇金からの厳しい取立てがストップすることもあるのです。

 

たとえば「警官がその場で闇金に電話をかけて、闇金の違法行為を取り締まると警告したとたん、
取り立てがストップした」などという事例もよくあるんですよ。

 

警察に相談に行く際は、できれば、
脅迫まがいの取り立ての様子を録音したレコーダーなどを持参するのがおすすめです。

 

弁護士に相談するのもおすすめ!

 

というわけで警察は闇金と戦うための頼もしい味方になってくれる存在なのですが、
「闇金を利用したことに、多少後ろめたい気持ちもあるから」などといった理由で、
警察に相談することをためらってしまう人は、弁護士に相談してみましょう。

 

ここで大切なことは、闇金対策などをやっていると、ホームページなどできちんと告知してくれている
「闇金に強い弁護士」を選ぶことです。

 

闇金はひと言で言えば、「まともな業者」ではありませんので、
弁護士の中には「あまりにやっかいな闇金の対処をするのはお断り」としてしまうところもあります。

 

だからこそ、特に悪質な業者ともしっかり渡り合えるだけのノウハウを持つ、
闇金対策の経験が豊富な弁護士を選ぶ必要がある、というわけですね。

 

闇金を利用してしまったことによる被害を最小限に防ぐためには、できるだけ早いタイミングで、警察や弁護士に相談することが大切です。「相談するのが恥ずかしいから」などと迷っていてはいけません。

 

相談が遅れれば遅れるほど、それまでの間に金銭的・精神的被害がどんどんふくれ上がってしまう
ということを理解しておきましょう。