個人民事再生の手続き

 

個人民事再生は、
「このままでは自己破産するのが確実」という状態の人が、

 

自己破産してしまう前に、立て直しの手段として、
裁判所を介しておこなう手続きです。

 

民事再生というと、企業などが使う手段というイメージが強いですが、企業向けの通常の民事再生とはまた別に、個人向けの民事再生手段として、個人民事再生というものが存在するわけです。

 

資産・収入の範囲内でできる限りの返済をする、という趣旨で、法律にしたがって返済能力を大幅に超える部分の借金の元本や利息の免除を認めてもらえるように働きかけ、さらに持ち家を持っている人については、その持ち家を手放さずに済むようにするのがおもな目的です。

 

個人民事再生の申し立てができる条件とは?

 

個人民事再生は「個人なら誰でも申し立てができる」というわけではありません。
たとえば給与所得者の場合は、以下のような条件を満たしている必要があります。

 

無担保の借金の総額が5000万円以下
今後も給与などの安定・定期的収入があって、さらにその収入の変動が小さいと見込めること

 

こうした条件を満たしていて「自己破産する前に何とかしたい」と思った人は、弁護士に相談してみましょう。

 

個人民事再生の大まかな流れ

 

個人民事再生は、数ある債務整理の中でも、かなり手続きが厳格で難しい、という部分がありますので、
弁護士等のプロにサポートを頼むのが正解です。

 

個人民事再生の大まかな流れは、以下のとおりとなります。

@個人民事再生の申し立てを受けて、再生手続きの開始決定が下されると、債務者の財産調査や、報告書の提出などがなされます。

 

A債権者の意見聴取などを経て、再生計画案が提出されます。

 

B再生計画が認可され、これから返すべき借金(再生債権)が確定されたら、あとは再生計画にしたがった返済をしていくことになります。