任意整理の手続き

 

任意整理とは

 

「借金がこのままのペースではどうしても返せない」
となった場合に、

 

裁判所などを利用しないで、キャッシング業者などの債権者に対して直接、返済方法の変更や利息のカットをしてもらえないかと交渉していく、

 

という債務整理の手段です。

 

 

任意整理は弁護士に任せるのが基本

 

さて、任意整理をやるには、キャッシング業者などの債権者に対して、直接「返済方法や利息の軽減をお願いします!」と交渉するタイプの債務整理ですが、そもそも素人が、金融のプロである債権者相手に、こうした交渉をうまく進めていくというのはなかなか難しい部分もあります。

 

ですから現実の手続きとしては、
弁護士に任せて、債権者とのやり取りをあなたに代わってやってもらう、というのが一般的です。

 

任意整理の手続きの流れ

 

さて、弁護士に任意整理の手続きを依頼した場合、弁護士がどのような流れで手続きを進めていくのかというと、
だいたい以下のとおりになります。

 

@まずは弁護士が、借り主、つまり債務者にかわって任意整理の手続きをすることになった、という趣旨の「受任通知」というものを、債権者に対して送ります。これで任意整理の手続きの窓口は弁護士になった、ということが確認され、以降は債権者も弁護士とやり取りをしていく形になります。

 

A債権者から取引履歴など、借金の状態を知るための資料を弁護士に送ってもらい、弁護士はそれらをもとにして返済方法を検討し、「この返済方法、この利息カットではどうか」など、債権者に対して和解案を提示します。

 

B和解案が合意に至れば、和解書や示談書など、合意内容を書面で残し、あとはその合意内容にしたがって返済をしていく。

 

任意整理は本当に成立するの?

 

さて、ここで疑問なのが「任意整理というのは、債権者にとって返済方法の変更や利息カットを求めるものだから、債権者は和解案に合意するのを嫌がるのでは?」という点ですね。

 

実はこの「和解案の落としどころ」をうまく探るのが、弁護士の手腕にかかってくる部分です。

 

債権者が「どのみち今のままではきちんと返済してもらえないのだし、自己破産などをされるよりは、この和解案で手を打った方がマシだ」と思えるラインをうまく探っていくというわけです。