自己破産の「免責」とは

 

世間では「自己破産をすれば借金がチャラになる」と思われがちですが、
実は自己破産をした「だけ」では、借金はチャラにはなりません

 

借金をチャラにするためには、「免責」の許可を出してもらう必要があるのです。

 

そもそも「免責」とは?

 

そもそも「免責」とはどういうものなのかというと、その字が示すとおり、
「借金返済の責任を免れる」という意味のものです。

 

自己破産の申し立てをした際に、免責を求める申し立ても同時におこない、裁判所はその申し立てを受けて、免責を許可していいものかどうか審査をします。審査の結果「免責を認められない理由、つまり免責不許可事由がない」と判断されれば、免責が認められて、晴れて「借金がチャラ」の状態になるのです。

 

免責不許可事由とは?

 

免責を求める申し立てをしても、必ずしもそれが認められるわけではありません。

 

免責を認められない理由=免責不許可事由があって、「免責はできない」という結論が下された時は、
借金はチャラにできず、他の債務整理方法を考えていかなければいけなくなるのです。

 

免責不許可事由となるおもな理由は、以下のとおり。

借金の理由がギャンブルや浪費によるものである場合。
過去7年以内に、すでに免責を受けたことがある場合。
財産等があるのに、それを隠していた場合。
貸主に損をさせてやろうという、計画的な自己破産であった場合

 

これ以外にも

 

「偽証はダメ」
「審理に呼ばれた時は欠席してはダメ」
「破産手続き開始後に、こっそり一部の債権者だけに優先的に返済してはダメ」

 

など、いろんな免責不許可事由がありますが、早い話が「自業自得なこと、ずるいこと、ルールを守らないことをしていれば、免責が認められなくなる可能性が高い」ということです。

 

ただし、免責不許可事由に該当するケースであっても、本当にすべてが免責不許可になるわけではなく、裁判所の裁量で免責が認められたり、「一部だけ免責」という形になったりすることもあります。