個人民事再生のメリットデメリット

 

個人民事再生にはどんなメリットとデメリットがあるでしょうか。
ここではそれについて見ていきましょう。

 

個人民事再生のメリット

 

個人民事再生のメリットは何といっても
「持ち家を持っている人にとっては、持ち家を手放さなくて済む可能性が高い」というのが挙げられますね。

 

自己破産をした場合は、持ち家があっても競売にかけられてしまうのが基本なのですが、個人民事再生には「住宅ローンに関する特則」というものがあり、「住宅ローンの返済は、他の借金とは別物」として扱い、住宅を手放すことなく、返済をしていくための計画を組む、ということが認められているんですよ。

 

この手続きを踏まえれば、住宅を手放さずに済むのです。

 

また、個人民事再生は、裁判によって「収入の範囲内でできる返済の計画を立てる」という趣旨のものなので、
借金の元本のカット率が大きくなりやすい、というのもメリットと言えるでしょう。

 

個人民事再生のデメリット

 

個人民事再生のデメリットのひとつとして、まず「裁判所に財産を調べられる」というのが挙げられます。

 

もし、返済にあてられるような財産があれば、それを返済に回すことが必要ですから、これは当たり前と言えば当たり前の調査です。財産を持ったままで、個人民事再生で借金だけ軽減してもらおう、などというのはムシが良すぎますからね。
預貯金等についてのプライバシーは、裁判所には丸裸にされてしまう、と考えていいでしょう。

 

次に、借金の中に、連帯保証人がついているものがあれば、
その連帯保証人には大迷惑をかけてしまう、というのもデメリットとして挙げられます。

 

なぜかというと、「借金を減額してもらえる」という再生計画がまとまったとしても、
その再生計画は借りた本人である債務者のみにしか効力がなく、連帯保証人までにはおよばないのです。ですから連帯保証人に対しては、債務者は全額を請求する、という形になるんですよ。

 

もしも、連帯保証人をつけている借金がある状態で、個人民事再生をする場合は、必ず連帯保証人に事前に事情を話しておきましょう。