口座に勝手にお金を振り込まれてしまったら?

 

 

貸してくれと頼んでもいないのに、口座に勝手にお金が振り込まれていた・・・

 

これは「押し貸し」と言って、
悪徳業者が勝手にお金を振り込んでおいて、法外な利息を加えた返済を要求してくる、
というきわめて悪質な手口です

 

返済の要求に対して「こちらは貸してと頼んでいないから振り込まれた金額を返したい」と言っても「口座に振り込まれた以上、貸し借りが成立したことになる」などと難癖をつけ、強く返済を迫ってきます。

 

こんな悪質な手口を使われてしまったら、どうすればいいのでしょうか。

 

弁護士や消費生活センターに相談してみよう

 

押し貸しの被害にあった場合は、弁護士や消費生活センターに相談してみるのがおすすめです。

 

押し貸しされてしまった口座の通帳記入をして、
押し貸しされた事実が第三者の目からも確認できる状態にして、相談に行きましょう。
もちろん、取り立ての電話を録音していれば、それを聞かせるのもおすすめです

 

押し貸しで振り込まれたお金は、法的には「不法原因給付」というものにあたり、これは立派な民法上の違法行為です。弁護士や消費生活センターはこの点をついて業者を追及してくれるので、業者もそれ以上のことは言えなくなるのです。

 

不法原因給付によってお金を支払った側は、そのお金の返還請求をする権利さえない、とされています。
つまり・・・押し貸しで振り込まれたお金は、利息を支払わないでいいどころか、元金を返す必要さえない
と見なされる可能性が高いのです。

 

とはいえ、実際には弁護士や消費相談センターのアドバイスのもと、元金だけは返しておいた方が無難でしょう。悪徳業者相手に「もらい得」をしようとすると、その悪徳業者からより強く恨まれるのは確実ですからね。

 

一度押し貸しに使われた口座は解約しよう!

 

さて、押し貸しをされたものの、弁護士や消費生活センターの手助けもあって、
無事に問題が片付いた・・・という場合であっても、安心はできません。

 

なぜなら、
一度押し貸しに利用された口座は、
その口座情報そのものが悪徳業者間に出回っている可能性が非常に高い
ため、今後また押し貸しをされたりなど、悪徳な手口を使うターゲットにされるというリスクがつきまとうのです。

 

このリスクを避けるためには、押し貸しに利用された口座を解約してしまうのが一番です。
「悪用される情報の大元」を消してしまいましょう。