うっかり返済日を忘れていたらどうする?

 

「今日がキャッシングの返済日だったのに、引き落とし口座にお金を入れるのを忘れていた!」
など、うっかり返済日を忘れてしまった場合、どうすればいいでしょう?

 

気付いた時点で即連絡、即入金!

 

 

キャッシングの返済日を
「うっかり忘れ」してしまっていたことに気付いたら、

 

とにかく、
すぐにキャッシング業者に連絡して、すぐに入金するのが鉄則です。

 

 

返済が遅れているにもかかわらず、何の連絡もしないようでは、
キャッシング業者からの、あなたに対する信頼も揺らぎますからね。

 

たとえば、連絡なしのうっかり忘れをしょっちゅう繰り返すような人は、そのうちキャッシング業者からの信用を完全に無くしてしまい、ある日突然、キャッシングカードの利用に制限がかけられる可能性もあります。「そのカードを使って返済はできるけど、追加の借り入れはできない」などという状況にされてしまうこともあるんですよ。

 

うっかり忘れに対するおわびの連絡をきちんとすることによって、
「今回はうっかり忘れてしまったけど、気付いた以上すぐに支払う意志はあるし、そのお金もある」
ということを示すことは、とても大切なことなのです。

 

うっかり忘れ防止のためのコツ

 

というわけで、もしうっかり忘れで返済が遅れてしまったら、即連絡、即入金をすることが必要となるわけですが、
それ以前に「うっかり忘れをしないように、自分でも工夫する」ということも、とても大切なことです。

 

うっかり忘れ防止のために誰でもできることと言えば、
携帯やスマホのカレンダー機能を使って、アラーム通知が来るように設定しておくことですね。

 

「カレンダー機能についているアラームは、鳴る時間が短いので気付きにくい」という場合は、
アラーム用のアプリを使うというのもおすすめです。

 

もちろん、昔ながらのアナログな手法で、壁掛けカレンダーに○印をつけておくというやり方でもかまいませんよ。とにかく「返済日を何らかの手段で自分に知らせる、意識させる」ということをしていれば、
うっかり忘れのリスクは激減できるのです。