どうしても返済できない時、どんな手段がある?

 

 

借りたお金は利息をつけて返さなければいけない、
というのは、借金の大原則です。

 

しかしそれが分かっていても、
「さまざまな事情でどうしても返済ができない」
という状態になってしまった場合に取れる手段というのは、

 

どんなものがあるのでしょうか。

 

 

まず最初に考えてみるべき手段はこれだ!

 

「借金の返済ができない」と言っても、その状態にはさまざまなランクがあります。

 

たとえば、「あとほんの少し、毎月返済額が減らせれば何とかなるのに」という場合は、借金を一本化する「おまとめローン」の利用がおすすめです。

 

複数の小口の借金を一本化すれば、
それだけで月々の返済額をある程度減額させることができるケースが多いので、

 

借金の総額は変わらなくても、月々の返済負担を軽減
することにつながるというわけです。

 

おまとめローンは任意整理や自己破産などの債務整理とは違い、利用しても事故情報にはならない、
というのが最大のメリットです。

 

おまとめローンで何とかなりそうな状態であれば、信用情報に傷をつけないためにも、
これが一番おすすめと言えるでしょう。

 

次に考えてみるべき手段はこれだ!

 

おまとめローンで月々の返済金を多少軽減する程度では無理、もっと踏み込んだ負担軽減がないとどうしようもない、という場合は、任意整理・特定調停・個人民事再生などを利用して、借金の減額等を交渉する、
という手段を考えてみましょう。

 

これらはいずれも、債務整理にあたる手段ですので、事故情報扱いにはなってしまいますが、
それでも、最悪の事故情報である自己破産よりは良い印象を与えます。

 

自己破産は最後の最後の手段

 

これまでに挙げた手段のどれを利用してもどうしようもない、
本当に支払い不能だ、という場合は、最後の手段である自己破産を利用することになります。

 

自己破産を申し出て免責が認められれば借金が完全にチャラになる、という点では「もっとも身軽になれる手段」とも言えるのですが、個人信用情報には当然、事故情報として登録されてしまい、さらに自己破産は事故情報の中でも最悪の印象を与えるものであることは間違いありません。

 

安易に利用すべきではない、最後の最後の手段だと理解しておきましょう。