家族が知らない間に借金していたら?

 

「私が知らないうちに、夫が借金していた」など、家族に内緒だった借金が発覚して、問題になってしまうケースは少なくありません。こんな場合、どうなってしまうのでしょうか?

 

家族の借金の支払い義務

 

家族が内緒の借金をしていたと知った時にまず気になるのが、
「家族の借金は、自分にも返済義務が降りかかってくるのか」
ということですよね。

 

これは基本的には、家族が借金をした人の
連帯保証人などになっていなければ、
たとえ夫婦でも支払い責任はありません

 

ですから「夫が内緒で作った借金を妻が背負わされる」ということは、原則としては無いのです。

 

しかし、家族にも支払い責任がかかってくる「例外」があります。

 

「日常家事債務」による借金は夫婦間なら支払い責任あり!

 

さて、家族にも支払い責任がかかってくる「例外」とは何かというと・・・

 

その借金の理由が、「日常家事債務」であった場合です。

 

日常家事債務とは、食費や生活用品費など、あくまで生活のために使って、できてしまった借金のこと。
夫婦のどちらかが「どうしても生活費が足りなくて、その生活費をおぎなうために借金をしてしまった」という場合は、夫が借金すれば妻に、妻が借金すれば夫に、支払い責任が生じることになるのです。

 

ですから夫婦間で、家計についての情報を共有することはきわめて大切なポイントと言えますね。
家計についての情報共有ができていれば、「配偶者に、生活費を内緒で借りられてしまう」などということをされるリスクは大きく減らすことができます。

 

ちなみに、日常家事債務による支払い責任が生じる範囲は、あくまで夫婦間のみであって、
それ以外の家族には支払い責任は生じません。

 

たとえば、「親が生活費のために借金して返せなくなり、その返済を、子である私が肩代わりするよう業者から求められた」などということがあっても、その子は法的には支払い責任の無い範囲となりますので、業者の要求は突っぱねてもかまわない、というわけですね。