返済が苦しくなるラインはどこ?

 

平成22年6月に施行された「総量規制」により、キャッシングや信販系ローン・クレジットカードのキャッシングなどは、
「合計で税込み年収の3分の1まで」しか借りられなくなりました。

 

この総量規制は、返済能力以上の借金を抱え込むことがないように、と考えて作られた規制なのですが、
この総量規制の範囲内であれば、返済は苦しくならないのでしょうか。

 

年収の3分の1の借金は、苦しいと感じる人が多い

 

総量規制内の借金であれば、それほど苦しくは感じないはず、
と考える人は多いのですが、実はそうではありません。

 

たとえば、年収500万円の人が、総量規制ギリギリのワクである150万円をキャッシングで借りた場合、
最少返済額で返済した場合、どうなるかというと・・・
最少返済額の基準は、キャッシング業者によって差がありますが、それでもおおむね月3〜4万円台の範囲内の返済金となるところが多いです。

 

ハッキリ言ってしまえば、一般的なサラリーマンのお小遣いと同水準か、それより高いレベルですね。

 

しかも最少返済額で返済すると、当然の話ですが完済までにはかなりの期間を要します。何年も何年も、毎月3〜4万円台の返済金を捻出する、というのは、結構厳しいものですよ。返済期間を短くしようとすると、毎月の負担はさらに増大します。

 

「総量規制までなら大丈夫、苦しくない」というわけではないのです

 

平均的な年収の人は「最大でも総額100万」までの利用にしておこう!

 

では、平均的な年収(年収400万円〜500万円)の人は、キャッシング等の利用をどのくらいのラインでおさめておくのがおすすめかというと・・・

 

できれば50万円以内、最大でも100万円以内までにしておくことをおすすめします

 

なぜなら、「総額100万円を超えてから、返済を苦しく感じるようになった」
という経験を持つキャッシング利用者が多いからです。

 

年収200万円台、300万円台の人であれば、
できれば30万円以内、最大でも50万円以内にしておきたいところですね。

 

そしてパートやアルバイトなどで年収100万円前後となっている人は、
できる限り10万円の枠内におさめることをおすすめします。