びっくり!こんなものまで事故情報になる!?

 

個人信用情報において、通称「ブラックリスト」とも呼ばれる事故情報。
この事故情報が、どんな状態になった時についてしまうのかというと、
「ローンの延滞をした時」「自己破産や債務整理をした時」などが代表的なものとして挙げられます。

 

しかし・・・実は事故情報になる原因は、それだけではないのです。
意外なものまで、事故情報の対象になるんですよ。

 

奨学金の延滞も事故情報になる!?

 

奨学金の返済を延滞すると、事故情報として登録されてしまう
ということは実はあまり知られていません。

 

というのも、奨学金というのは、「いずれ返さなければいけない」という意識はあるものの、「ローンなどに比べて、返済が遅れても取り立てが厳しくないから、ついつい奨学金の返済を後回しにしてしまう」という状態になってしまうことも多いのが実情でした。

 

ですがこうした「奨学金返済に対する甘い認識」こそが、奨学金を貸している側である「独立法人日本学生支援機構」にとって大きな悩みのタネとなりました。奨学金の延滞が、どんどんひどくなっていったのです。

 

そんな、奨学金の延滞多発状況に歯止めをかけるため、平成20年に、日本学生支援機構は個人信用情報機関に加盟し、奨学金の延滞が発生した場合は、事故情報としてそれを登録するようになったのです。

 

現在のところ、奨学金をおおむね3ヶ月以上延滞すると事故情報として登録されるらしい、ということが分かっていますが、今後、この登録基準がより厳しくなる可能性もないとは言えません。

 

奨学金は「学ぶためのお金」ということで、どうしても借金であるという認識が薄くなりがちですが、「延滞をしてはいけない」という点では、他のローンと変わらなくなってきているのです。

 

クレジットカード引き落としの延滞にもご注意!

 

 

クレジットカードの引き落としというのも、
ローン返済に比べるとちょっと軽く見られてしまう傾向が強いですが、

 

クレジットカードの支払いの遅れも、
延滞として事故情報に登録されてしまいます

 

特に、公共料金をクレジットカード払いにしている人は要注意

 

公共料金の引き落としは、金融機関口座からの口座振替による引き落としであれば、延滞しても事故情報になることはないのですが、公共料金をクレジットカード支払いにしている状態で延滞すれば、それは「クレジットカードの延滞」として事故情報になってしまうのです。

 

クレジットカードによる引き落としは、ひと月分まとめて「○○円」としてしか通帳に表示されないため、公共料金の金額の内訳には無頓着になりやすいのです。引き落とし口座には、ある程度余裕を持たせた金額を入れておくように心がけましょう。