個人融資の主役が質屋からキャッシングに変わった理由

 

 

キャッシングが生まれるまで、個人融資の主役となっていたのが「質屋」でした。

 

しかし今、「質屋でお金を借りる」という人はほとんど見かけませんよね。
なぜ、個人融資の主役が質屋からキャッシングに変わっていったのでしょうか?

 

「対物信用」の限界

 

質屋が、キャッシングに個人融資の主役を奪われた最大の理由は、
質屋の融資スタイルとなっている「対物信用」が限界を迎えてしまったからだと考えられます。

 

質屋でお金を借りる際は、必ず、何らかの物品を質草、つまり担保として質屋に預けなければいけません。「質草として預かるこの物品には、これだけの金銭的価値がある」という、質草に対する「対物信用」によって、融資が成り立っていたのです。

 

昔は世の中に出回る「モノ」そのものが少なかったので、古いものでも何度も使い回しをするというのが当たり前でした。だからこそ、質草として入れられた物品も、質屋にとっては「もし融資したお金が返ってこなくても、その場合は質草を売れば、融資金と利息分ぐらいのお金にはなる」という見込みがあったのです。

 

しかし、経済発展とともに世の中にモノがあふれる時代になってくると、中古の物品の価値は大暴落するようになりました。そしてさらに、新商品なども次々出てくる時代となってからは「質草として預かっている間に、その物品の売却可能代金がいちじるしく低下する」という事態もひんぱんに起こるようになってきたのです。

 

こうなると質屋も、質草となる物品の査定はどうしてもシビアにせざるを得なくなりますので、お金を質屋から借りる側にしてみれば、「高価な物品を質草に出しているのに、借りられる金額はほんのわずか」という状態になってしまったわけですね。

 

そんな中、「物品を質草として預かることなく、対人信用だけでお金を貸す」というキャッシングが現れたことにより、「高いものを預けても少ししか貸してくれない質屋よりも、自分に対する信用だけで貸してくれるキャッシングのほうが便利」という認識が広まっていき、質屋の対物信用スタイルはどんどん時代遅れになっていったのです。

 

現在の質屋の経営スタイルとは?

 

そんなわけで質屋による個人融資は、現在ではもはや「絶滅寸前」というレベルになっているのですが、
今でも街中では質屋を見かけることがありますよね。

 

では、今の質屋はどうやって経営を成り立たせているのかというと・・・

 

個人金融よりも、リサイクルブティックに近いスタイルで「人気ブランド品や貴金属などを買い取り、それを販売する」というスタイルが主流になっています。中古品であっても、ある程度高い流通価値が見込めるものだけに絞った買い取りをしているわけですね。
複数の質屋が合同で販売イベントを開催することも、今では珍しくありません。

 

もちろん、そうした経営スタイルをとっている現在の質屋であっても、「質草を入れてお金を借りる」ということをやろうと思えばもちろん可能です。質屋の「金融業者」としての立場は消滅したわけではありませんからね。ただ、経営スタイルの主軸が変化した、ということなのです。

 

関連ページ

キャッシングって一体どうゆうもの?
キャッシングを利用した事がない方にとってはキャッシングがどうゆうものなのか分かっていない方も少なくないはず。こちらではキャッシングの大まかな全体像をご説明していきます。
借金にかかってくる利息の日割り計算とは
キャッシングを利用するにあたって覚えておかなくてはならないモノが「利息」です。その算出方法として「日割り計算」というがあります。こちらではその日割り計算について詳しくご説明しています。
知っておこう!キャッシング利用のデメリット
キャッシングを利用する場合、少なからずデメリットも存在するという事を覚えておいてください。こちらではキャッシングのデメリットは一体どんなものがあるのかお話しして行きたいと思います。
知っておこう!キャッシング利用のメリット
キャッシングをしたことがない方にとっては、どの借り入れ方法も結局は一緒でしょ?なんて思っていると思います。実はそうではありません。キャッシングには様々なメリットが存在しますのでご紹介していきます。
問題になっていたグレーゾーン金利とは
「金利」と聞くと想像がつくかと思いますが、その中にも「グレーゾーン金利」というものが存在します。一体どのようなものなのでしょうか?こちらではグレーゾーン金利について詳しくご説明していきます。
元金と利息を合わせた返済法の元利均等返済・元金均等返済について
返済方法には様々な方法がありますが、こちらでは「元利均等返済」・「元金均等返済」とこの2種類の違い、特徴についてご説明しています。返済方法でお悩みの方は是非ご覧下さい。
返済が遅れる事でおきる期限の利益の喪失とは
「期限の利益の喪失」という言葉は聞いたことありますか?実はこれとても重要な事なんです。返済が遅れてしまった場合に起きてしまうこの状態。一体どういった状態の事を指しているのでしょうか?
返済法の残高スライドリボルビング式とは
キャッシングを利用されている方は一度は聞いた事があるのではないでしょうか?返済方法として存在するこの「残高スライドリボルビング式方法」一体どんな返済システムになっているのでしょうか。
総量規制について
キャッシングはいくらお金を借りることが出来ると行っても、好き勝手に制限なく借りれる訳ではありません。そんな時に出てくるのが「総量規制」。この総量規制について詳しくご説明していきたいと思います。
出資法と利息制限法について
キャッシングの金利に関係のある言葉「出資法」・「利息制限法です。こちらではこの2つについて詳しくご説明していきたいと思います。
金銭消費賃貸契約について
キャッシングを利用してお金を借りる=金銭消費賃借契約を結んでいることになります。それではこの金銭賃借契約についてさらに詳しくご説明していきたいと思います。
ご存知ですか?書面の交付義務
キャッシングを利用する上で「書面の交付義務」というものが義務づけられています。書面の交付義務とは一体どういう目的で設けられているのでしょう?またネットで申し込む人はどうすれば良いのでしょうか?
消費者金融が日本にできたのはいつ?
キャッシングは今でこそ多様化されており、TVCMなどでもお馴染みとなっていますが、日本でキャッシングを利用するようになったのはいつ頃なのでしょうか?