キャッシングが日本にできたのはいつ?

 

「サラ金」と呼ばれていた時代から考えると、キャッシングにはかなり長い歴史があるというイメージがありますが、
実際のところはどうなのでしょうか。

 

日本におけるキャッシングの誕生とその歴史についてご説明しましょう。

 

キャッシングの始まり

 

昔の日本では、金融機関は事業者・商売人にお金を貸すことはあっても、月給で生活する消費者に小口融資をする、ということはなかったんですよ。
消費者がお金を借りようと思ったら、何らかの物を質屋に持って行き、それを「質草」という担保にして借りるしかない、という時代が長年続いていました。

 

日本でキャッシングの「元祖」とも言うべき存在が生まれたのは、昭和4年。
「日本昼夜銀行」という銀行が、日本で初めてとなる個人向けの小口融資を開始したのです。

 

ただし、これがキャッシングの始まりと言っても、今と比べれば貸し出し基準は非常にシビアなもので、
いわゆる「エリートサラリーマン」しか借りられないというレベルでした。

 

ですからあくまで初期のキャッシングは「限られた消費者」だけが利用できるものだった、ということですね。

 

一般消費者にキャッシングが浸透し始めたのはいつ?

 

では、エリートサラリーマンだけでなく、一般消費者にもキャッシングが利用できるようになってきたのはいつごろからかというと・・・昭和30年代あたりから、じょじょに緩和されてきています。

 

特に昭和35年以降になると、「団地に住むサラリーマンなら比較的借りやすい」という時代になってきました。団地に入居するにはある程度の収入が必要など、それなりの条件を満たす必要があったので、「エリートサラリーマンとまではいかなくても、それなりに良質な顧客」として認識されたのです。「団地金融」などという言葉が生まれたのも、この頃です。

 

しかし、この時代はまだ、融資は「訪問融資」が大原則でしたし、手続き等もかなりややこしいものでした。「一般消費者でも小口融資が受けられるようになった」と言っても、今と比べるとまだまだ間口は狭かったのです。

 

今のキャッシングに近いスタイルができあがったのはいつ?

 

昭和4年に「エリートサラリーマン向け」としてスタートした、元祖・キャッシングが、今のキャッシングに近いスタイルになったのは、昭和40年代のなかばになってからのことです。

 

清潔な店舗をかまえ、融資のための手続きもそれまでよりも簡単なものにして、訪問融資ではなく店舗で融資受付をできる体制を整えていき、審査の基準もゆるやかなものになっていったのです。

関連ページ

キャッシングって一体どうゆうもの?
キャッシングを利用した事がない方にとってはキャッシングがどうゆうものなのか分かっていない方も少なくないはず。こちらではキャッシングの大まかな全体像をご説明していきます。
借金にかかってくる利息の日割り計算とは
キャッシングを利用するにあたって覚えておかなくてはならないモノが「利息」です。その算出方法として「日割り計算」というがあります。こちらではその日割り計算について詳しくご説明しています。
知っておこう!キャッシング利用のデメリット
キャッシングを利用する場合、少なからずデメリットも存在するという事を覚えておいてください。こちらではキャッシングのデメリットは一体どんなものがあるのかお話しして行きたいと思います。
知っておこう!キャッシング利用のメリット
キャッシングをしたことがない方にとっては、どの借り入れ方法も結局は一緒でしょ?なんて思っていると思います。実はそうではありません。キャッシングには様々なメリットが存在しますのでご紹介していきます。
問題になっていたグレーゾーン金利とは
「金利」と聞くと想像がつくかと思いますが、その中にも「グレーゾーン金利」というものが存在します。一体どのようなものなのでしょうか?こちらではグレーゾーン金利について詳しくご説明していきます。
元金と利息を合わせた返済法の元利均等返済・元金均等返済について
返済方法には様々な方法がありますが、こちらでは「元利均等返済」・「元金均等返済」とこの2種類の違い、特徴についてご説明しています。返済方法でお悩みの方は是非ご覧下さい。
返済が遅れる事でおきる期限の利益の喪失とは
「期限の利益の喪失」という言葉は聞いたことありますか?実はこれとても重要な事なんです。返済が遅れてしまった場合に起きてしまうこの状態。一体どういった状態の事を指しているのでしょうか?
返済法の残高スライドリボルビング式とは
キャッシングを利用されている方は一度は聞いた事があるのではないでしょうか?返済方法として存在するこの「残高スライドリボルビング式方法」一体どんな返済システムになっているのでしょうか。
総量規制について
キャッシングはいくらお金を借りることが出来ると行っても、好き勝手に制限なく借りれる訳ではありません。そんな時に出てくるのが「総量規制」。この総量規制について詳しくご説明していきたいと思います。
出資法と利息制限法について
キャッシングの金利に関係のある言葉「出資法」・「利息制限法です。こちらではこの2つについて詳しくご説明していきたいと思います。
金銭消費賃貸契約について
キャッシングを利用してお金を借りる=金銭消費賃借契約を結んでいることになります。それではこの金銭賃借契約についてさらに詳しくご説明していきたいと思います。
ご存知ですか?書面の交付義務
キャッシングを利用する上で「書面の交付義務」というものが義務づけられています。書面の交付義務とは一体どういう目的で設けられているのでしょう?またネットで申し込む人はどうすれば良いのでしょうか?
個人融資の主役が質屋から消費者金融に変わった理由
、「お金を借りる」と言うことに関しては質屋がやはり歩ピュラー存在なでした。ですが時代が変わると共にキャッシングの利用が増加。それではキャッシングが主流になった訳はなにかあるのでしょうか。