総量規制とは

 

キャッシングというのは「急にお金が入り用になった時に、スピーディーに貸してくれる」という点では非常に便利な存在なのですが、手軽に借りられる反面、その利用を安易に考える人も少なくありませんでした。

 

特に、自動契約機やインターネットでのキャッシング申し込みが可能になってからは、安易な気持ちでキャッシング利用をする人が激増し、「A社から借りて、その返済金をB社から借りて、さらにそれらの返済金をC社から借りて・・・」などと、自転車操業状態になってしまう人が後を絶たなかったのです。

 

そんな問題にくさびを打つ意味でできたのが、平成22年6月に施行された「総量規制」です。

 

総量規制がキャッシング利用に与える影響

 

総量規制とはどんな規制かというと、
ざっくりと言えば「年収の3分の1までしか借り入れできなくするようにする」というものです。

 

たとえば年収300万円の人なら、最大で100万円までしか借りられなくなる、ということですね。

 

総量規制が適用される対象となる貸金業者は、キャッシング業者だけではありません。
「貸金業法」の管理下に置かれる信販系業者や、クレジットカードのキャッシングなどもこの対象
になります。

 

この総量規制によって大きな影響を受けることになったのが
「複数のキャッシングを利用している多重債務者」および、「自己収入のない専業主婦」です。

 

まず、多重債務者はすでに総量規制の枠を超えたキャッシング利用をしている人が多いため「新たに借りることができない」という事態になりました。

 

また、専業主婦の人は収入そのものがないため、キャッシングの利用がきわめて困難になったのです。「夫の同意書や婚姻を証明する書類が必要」など、手続きもややこしくなりました。

 

総量規制の対象外となるのは?

 

そんなわけで、総量規制の適用で、年収の3分の1までしか借りられず、収入がない人はキャッシング利用そのものが困難になるという事態になったわけですが、実は総量規制はすべてのローンやキャッシングに適用されているわけではありません。

 

というのも、総量規制というのは、あくまで「貸金業法」という法律の中で定められている規制なので、貸金業法とは別の法律である「銀行法」の管理下に置かれている銀行のローンやキャッシングなどは、
総量規制の対象外になるんですよ。

 

銀行の他にも、「信用金庫法」の管理下である信用金庫や、「農業協同組合法」の管理下である農協
「労働金庫法」の管理下である労金などは、総量規制の対象外となっていますよ。

 

関連ページ

キャッシングって一体どうゆうもの?
キャッシングを利用した事がない方にとってはキャッシングがどうゆうものなのか分かっていない方も少なくないはず。こちらではキャッシングの大まかな全体像をご説明していきます。
借金にかかってくる利息の日割り計算とは
キャッシングを利用するにあたって覚えておかなくてはならないモノが「利息」です。その算出方法として「日割り計算」というがあります。こちらではその日割り計算について詳しくご説明しています。
知っておこう!キャッシング利用のデメリット
キャッシングを利用する場合、少なからずデメリットも存在するという事を覚えておいてください。こちらではキャッシングのデメリットは一体どんなものがあるのかお話しして行きたいと思います。
知っておこう!キャッシング利用のメリット
キャッシングをしたことがない方にとっては、どの借り入れ方法も結局は一緒でしょ?なんて思っていると思います。実はそうではありません。キャッシングには様々なメリットが存在しますのでご紹介していきます。
問題になっていたグレーゾーン金利とは
「金利」と聞くと想像がつくかと思いますが、その中にも「グレーゾーン金利」というものが存在します。一体どのようなものなのでしょうか?こちらではグレーゾーン金利について詳しくご説明していきます。
元金と利息を合わせた返済法の元利均等返済・元金均等返済について
返済方法には様々な方法がありますが、こちらでは「元利均等返済」・「元金均等返済」とこの2種類の違い、特徴についてご説明しています。返済方法でお悩みの方は是非ご覧下さい。
返済が遅れる事でおきる期限の利益の喪失とは
「期限の利益の喪失」という言葉は聞いたことありますか?実はこれとても重要な事なんです。返済が遅れてしまった場合に起きてしまうこの状態。一体どういった状態の事を指しているのでしょうか?
返済法の残高スライドリボルビング式とは
キャッシングを利用されている方は一度は聞いた事があるのではないでしょうか?返済方法として存在するこの「残高スライドリボルビング式方法」一体どんな返済システムになっているのでしょうか。
出資法と利息制限法について
キャッシングの金利に関係のある言葉「出資法」・「利息制限法です。こちらではこの2つについて詳しくご説明していきたいと思います。
金銭消費賃貸契約について
キャッシングを利用してお金を借りる=金銭消費賃借契約を結んでいることになります。それではこの金銭賃借契約についてさらに詳しくご説明していきたいと思います。
ご存知ですか?書面の交付義務
キャッシングを利用する上で「書面の交付義務」というものが義務づけられています。書面の交付義務とは一体どういう目的で設けられているのでしょう?またネットで申し込む人はどうすれば良いのでしょうか?
消費者金融が日本にできたのはいつ?
キャッシングは今でこそ多様化されており、TVCMなどでもお馴染みとなっていますが、日本でキャッシングを利用するようになったのはいつ頃なのでしょうか?
個人融資の主役が質屋から消費者金融に変わった理由
、「お金を借りる」と言うことに関しては質屋がやはり歩ピュラー存在なでした。ですが時代が変わると共にキャッシングの利用が増加。それではキャッシングが主流になった訳はなにかあるのでしょうか。