知っておきたい!キャッシングについての基礎知識記事一覧

「キャッシング」という言葉は知っているけど、そもそもこの言葉はどういう金融を指す言葉なのか、とまで聞かれると、知らない人の方が多いですよね。まずはそれについてのご説明をしましょう。キャッシングの定義とはキャッシングの定義をごくシンプルに言うと「私たち消費者向けに、少額の資金を、無担保でスピーディーに融資してくれるところ」というものです。かつてはサラリーマン向け金融、略して「サラ金」とも呼ばれていた...

キャッシングでの借金にかかってくる利息の金額はどんな計算でつけられるのかというと・・・「日割り計算」によってつけられます。日割り計算とは、一体何なのでしょう?日割り計算とは利息の日割り計算とは、簡単に言えば「借りたお金の利息が、1日単位でついていく、つまり借りた日数分だけの利息しか取らない」ということ。一見、「借りた日数分だけの利息になるのは当たり前のことじゃない」と思われるかもしれませんが、実は...

キャッシング利用のメリットと言えば、借りやすさや、一括返済時の融通がきくことなどが挙げられますが、デメリットとしてはどんなものがあるのでしょうか。キャッシングは金利が高い!?キャッシング利用のデメリットといえば、真っ先に挙げられるのが「金利が高い」ということでしょう。確かに、キャッシングのキャッシング金利は、銀行等のカードローンに比べると金利が若干高めであることは事実です。また、銀行等の融資は、カ...

キャッシングの利用には、どんなメリットがあるのでしょうか?まずはそれを見ていきましょう。何といっても借りやすい!キャッシング利用の最大のメリットと言えば、何といっても「数ある個人向け融資の中で、ダントツに借りやすい」という点でしょう。キャッシングのキャッシングは、申し込み方法がとても多様。店頭に行って申し込みをしなくても、インターネットや自動契約機などを使って、簡単に申し込むことができます。また、...

キャッシングの貸出金利を制限するための法律と言えば、出資法と利息制限法。出資法は「この法律で定めた上限金利を超えた金利を請求した業者には罰則をあたえます」という趣旨の法律で、利息制限法は「この法律で定めた上限金利を超えた金利は、たとえ業者が請求したとしても法的には無効と見なしますよ、ただしこの法律を破っても罰則はありません」という趣旨の法律です。このように「一見同じようなものに見えるものの、実情は...

キャッシングから借りたお金の返済は、「借りた元金だけでなく、利息もあわせて返済する」というのが基本です。で、元金と利息をあわせての返済方法として特に有名なのが「元利均等返済」と「元金均等返済」です。それぞれどういう返済方式なのかを見ていきましょう。元利均等返済とは?元利均等返済とは、「返済する元金と利息の合計額が、毎月一定、均等になる」というもの。簡単に言えば「借りた金額の残高に関係なく、毎月一定...

キャッシングでお金を借りて、その返済が遅れてしまうと「期限の利益」というものを失ってしまいます。それはどういうことなのか、どういう意味なのかをご説明しましょう。期限の利益とは「期限の利益」というのは、ごく簡単に言ってしまえば、「毎月決められた日に、決められた返済額さえきちんと返済していれば、一括返済をしなくても大丈夫だよ」というものです。つまり、「返済金の分割払いをすることができる」という意味なん...

近年、キャッシングがよく取り扱うようになったのが「残高スライドリボルビング式」という返済方式です。残高スライドリボルビング式とは?残高スライドリボルビング式とは、「融資残高によって、月々の返済金額が変動する」というもの。たとえば、「融資残高が10万円未満なら月5000円返済、10万円以上20万円未満なら月10000円返済、20万円以上30万円未満なら月15000円返済・・・」などという感じですね。...

キャッシングというのは「急にお金が入り用になった時に、スピーディーに貸してくれる」という点では非常に便利な存在なのですが、手軽に借りられる反面、その利用を安易に考える人も少なくありませんでした。特に、自動契約機やインターネットでのキャッシング申し込みが可能になってからは、安易な気持ちでキャッシング利用をする人が激増し、「A社から借りて、その返済金をB社から借りて、さらにそれらの返済金をC社から借り...

キャッシングの「金利」を考える上において、大きく関わってくるのが出資法と利息制限法という2つの法律です。この2つの法律の内容について、少しご説明しましょう。出資法とは出資法とは、正確には「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」という名の法律です。「金利等の取締りに関する法律」という名が示すとおり、キャッシングなど貸金業の金利が天井知らずにならないように、「これ以上の金利を取ったら罰則...

キャッシングでキャッシングを利用する、つまりお金を借りる、という契約は、法律上では「金銭消費貸借契約」という契約に該当します。キャッシングを利用するにあたって絶対に必要となってくる契約ですので、どういうものなのかを知っておきましょう。金銭消費貸借の意味とは金銭消費貸借とはどういう意味かというと、「お金を借りた側はそれを消費してOKだけど、あくまで貸してもらったもの、借りたものであるので後日きちんと...

キャッシングを利用する、つまりキャッシングと融資契約を交わすにあたって必要となるのが、「お金を借りて自由に使いますけど、あとできちんと返しますよ」という趣旨の約束をするための、「金銭消費貸借契約」です。この金銭消費貸借契約は非常に重要な契約ですので、実は契約を結ぶ前に「事前の書面交付」が義務付けられていることをご存知でしょうか。なぜ、「事前の書面交付」が義務付けられているのか?金銭消費貸借契約を、...

「サラ金」と呼ばれていた時代から考えると、キャッシングにはかなり長い歴史があるというイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。日本におけるキャッシングの誕生とその歴史についてご説明しましょう。キャッシングの始まり昔の日本では、金融機関は事業者・商売人にお金を貸すことはあっても、月給で生活する消費者に小口融資をする、ということはなかったんですよ。消費者がお金を借りようと思ったら、何らか...

キャッシングが生まれるまで、個人融資の主役となっていたのが「質屋」でした。しかし今、「質屋でお金を借りる」という人はほとんど見かけませんよね。なぜ、個人融資の主役が質屋からキャッシングに変わっていったのでしょうか?「対物信用」の限界質屋が、キャッシングに個人融資の主役を奪われた最大の理由は、質屋の融資スタイルとなっている「対物信用」が限界を迎えてしまったからだと考えられます。質屋でお金を借りる際は...