事故情報を消してくれる業者があるって本当?

 

延滞や債務整理などの事故情報は、何年もの間、個人信用情報に登録されます。

 

そして事故情報が個人信用情報に残っている間は、当然のことながら、ほとんどのキャッシング業者が、
審査をしても「融資お断り」の結論を下すことになります。

 

いくらキャッシングの審査が銀行等に比べて甘いと言っても、さすがに事故情報があるような人に対しての融資は、「延滞や、返済できなかったという前科」があるだけに、慎重にならざるを得ないわけです。

 

ところが、そんな

 

事故情報を「消してあげます」
などと持ちかけてくる業者が近年出てきているようです。

 

事故情報がある人にとっては非常にありがたい申し出のように思えますが、その業者は、本当に信じてもいい存在なのでしょうか。

 

ただの一業者が、事故情報を消すことは不可能!

 

事故情報を消してくれる業者が本当に存在するのかというと・・・
基本的には「ありえない」という答えになります。

 

というのも、個人信用情報の登録内容の訂正や削除は、そう簡単にできるものではないからなんですよ。
個人信用情報の登録内容の訂正や削除ができるのは、原則として「事実と異なる情報が登録されていると判断された時」に限ります。

 

もしこれが、事実である事故情報でさえも、簡単に訂正や削除ができるとなると、これはもう個人信用情報機関そのものの信用が根底から揺らぐことになります。
なぜならキャッシング業者などの金融機関は、「個人信用情報に登録されている情報は事実」という前提のもとで、審査をしてお金を貸そうとするわけですからね。

 

ですから「事故情報を消してあげます」などという業者には絶対に接触しないようにしましょう。
その業者は間違いなく、悪徳業者ですから。

 

「事故情報を消します」という業者に接触するとどうなる?

 

そんなわけで「事故情報を消してあげます」などという業者は100%悪徳業者ですので、絶対に接触しないこと、相手にしないことが大切なのですが、もしもそんな業者に依頼をしてしまうと、どうなると思いますか?

 

答えは・・・
「事故情報を消すための手数料」などという名目で、お金を奪われるだけの結果に終わるのがオチです。

 

さらに、こうした業者に引っかかってしまった人の個人情報は、「カモリスト」に登録される可能性大で、次から次へと、カモを狙った悪徳業者からの連絡が来る状態になってしまう可能性もあります。

 

事故情報がある人にとって、「早く事故情報を消したい」という気持ちがあるのは理解できますが、厳しいことを言えば、事故情報として登録されるほどに返済の約束を守らなかったこと自体に、大きな非があるのです。
事故情報登録というのは、「返済の約束を守らなかったこと」に対する正当なペナルティでもあるということを理解しておきましょう。