返済ができなければ時効狙いで夜逃げすればいける!?

 

キャッシングからお金を借りたものの、どうしても返すことができない・・・
という状況になった際に「夜逃げして、時効までとことん逃げまくる」という手を考える人もいます。

 

しかし、時効狙いでとことん逃げ回る、というのは、借金の解決法として「良い方法」なのでしょうか。

 

「時効まで逃げ切る」のはかなり難しい!?

 

夜逃げをしたとしても、時効まで逃げ切るというのは、実はかなり困難なことです。

 

そもそも、時効までの年数が、業者相手でも5年かかりますし、個人が相手なら10年。
しかも「時効の中断手続き」というものも存在しますので、相当の長い年数を、逃げ回らなければならないのです。

 

そして、「夜逃げしても新しい住まいがばれる可能性」というのは、実際にはきわめて高いものです。
たとえば、住民票を移せば、それだけでアウト。キャッシング側が住民票開示請求をするための正当な理由をもっているため、見ようと思えばいつでも見られるのです。

 

また、夜逃げしたもののお金に困って、新しい住まいでクレジットカードや借金の申し込みをしたりしても、ばれる可能性が高くなります。
個人信用情報に登録されている情報から、新しい住まいの手がかりをつき止められてしまうことも少なくないんですよ。

 

こうして見ると、夜逃げをしても、時効を迎えるまでは本当に「縮こまったような生活」を強いられることが分かりますね。

 

時効狙いで夜逃げをする、というのは、借金問題を解決するための方法としては
「下策の中の下策」としか言いようがありません。

 

夜逃げをするくらいなら他の手を考えよう!

 

「夜逃げもできないとなると、この返せない借金をどうすればいいのか・・・」
と悩んでしまった人は、以下のような手段を検討してみましょう。

返済ペースが少し厳しい、という程度なら、キャッシング業者に直接相談してみる。
あるいは、おまとめローンを利用して借金一本化をしてみる。
返済がすでに完全に行き詰った状態であれば、弁護士に相談する。

 

キャッシングに相談しての、多少の返済調整や、おまとめローンであれば事故情報がつくこともありませんし、弁護士のサポートを得て債務整理等の手続きをおこなった場合も、債務整理自体は事故情報としてついてしまうものの、「法的に借金問題のかたをつける」ということができますので、夜逃げよりははるかにマシなのです。