自動契約機はなぜ無人で審査できるの?

 

キャッシングならではのサービスとして今やすっかり定着しているのが「自動契約機」です。

 

自動契約機はアクセスが便利なところに設置されていることが多く、「わざわざ店頭に行かなくてもOK」ということで、とても手軽で便利なものとして人気を集めているのですが・・・

 

自動契約機の中には、誰一人としてキャッシングの職員はおらず、無人の状態で融資対応をすることとなります。

 

無人の機械にすぎない自動契約機で、一体どうやって審査をしているのでしょうか?

 

自動契約機で審査・融資ができる理由

 

無人の自動契約機で、なぜ審査までできてしまうのかというと・・・実は「自動契約機の中は確かに無人ではあるけれど、自動契約機の中に設置したモニターやカメラ等を通じて、キャッシングの担当者が監視をしながら融資手続きを進めている」という事実があるからです。

 

つまり、「目の前に人がいない」というだけで、実質的な審査や融資の手続きは、店頭での対面申し込みとさほど変わらない状態でおこなわれているわけです。
その証拠に、自動契約機での申し込みに戸惑っていたり、質問があったりすると、即座にその場でアドバイスや回答をくれたりもしますよ。

 

つまり自動契約機はモニターやカメラによる遠隔監視操作による審査・融資をするための機械であり、審査そのものを自動契約機が自動的にやるわけではない、ということですね。
ですから、審査の基準も「自動契約機は機械審査だから甘い」なんてことは絶対にないのです。

 

自動契約機のメリット

 

自動契約機の存在は、借り主側、キャッシング側、双方にとって大きなメリットがあります。

 

まず、借り主にとっては「目の前に人がいて、自分の顔をじっくりと見られながら手続きをするのが嫌」という、
心理面での不安・不満をかなりやわらげられる、ということが大きいですね。また、自動契約機が便利な立地に点在しているので、「店舗まで行くと遠い」という人にとっては、アクセス面でも大きなメリットがあります。

 

そして金融機関側としてのメリットは、なんといっても「店舗を設置するよりははるかに少ないコストで、店舗とさほど変わらないレベルの融資受付ができる」ということ。省エネ・省スペース効果に非常にすぐれているのです。