キャッシングの取り立てはやっぱり怖い?

 

 

キャッシングは、返済が遅れると怖い取り立てが来る!
というイメージを持っている人は少なくありません。

 

昔のドラマなどで、借金取りがドアを激しく叩きながら「金返せ」と大声で昼夜を問わず怒鳴りつける、などというシーンを見た記憶がある人などは、特にそうした「取り立てに対する怖いイメージ」があるでしょう。

 

ですが本当に、キャッシングの取り立ては怖いものなのでしょうか。

 

キャッシングが「怖い取り立て」をすることは法で禁じられている!

 

キャッシングの取り立てについては、「貸金業法」や、
日本貸金業協会による「自主規制規則」というもので、

 

かなり厳しく規制されています。

 

罰則や規制対象となる取り立てのおもな内容は、以下のとおりです。

大声をあげたり、暴言を使ったりすること。
正当な理由なく、午後9時から午前8時までの間に訪問や電話・ファックスなどで取り立てをすること。
借り主の私生活や、借金をしていることを周囲に広めようとすること。
3人以上の多人数で押しかけること。
借り主の親族の冠婚葬祭や、年末年始など、「取り立てをするには不適当なタイミング」に取り立てをすること。
電話で毎日何度もしつこく取り立てをすること。(1日4回以上の電話が毎日続く、など)
「別のところから借りてでも返せ」と、他からの借金による返済を要求すること。
連帯保証人でもない、借り主以外の人間に、借金を肩代わりするよう迫ること。

 

もしもこうした違法・規制違反の取り立てをされた場合は、

 

日本貸金業協会に苦情を入れるか、弁護士に相談するといいでしょう。違法な取り立てが事実であると判明すれば、そのキャッシング業者には金融庁による業務停止命令が下されることもあります。

 

取り立てが怖いのは闇金などの悪徳業者

 

そんなわけで、キャッシングの取り立てというのは、基本的には脅しなどが入るような怖いものではありません。もちろん延滞すればしつこくない程度の電話・メールや、督促状は来るようになりますが、それはあくまで「法で認められえた範囲の取り立て」なのです。

 

キャッシングの取り立てよりもはるかに怖いのが、闇金などの悪徳業者です。
悪徳業者は、ハナから法を守る気などないので、借り主が弁護士や警察に相談する前にお金を取ってしまおうと、取り立てについても「短期決戦」で、非常に威圧的な言動を昼夜を問わずしつこく仕掛けてきます。

 

被害を最小限にするにはすぐに弁護士や警察に相談するのが一番ですが、たとえ短い期間であっても、こうした悪徳業者の違法な取り立て攻撃を受けてしまうと、精神的なダメージは多大なものとなってしまいますよ。