専業主婦でも借りられますか?

 

専業主婦でも、キャッシングからお金は借りられるでしょうか?
ここではそれについてお話ししましょう。

 

専業主婦の借り入れは「かなり難しい」のが現実!

 

結論から言えば、
専業主婦がキャッシングからお金を借りるのは、
かなり難しいと言わざるを得ません。

 

「えっ、でも、専業主婦でもキャッシングのキャッシングを利用できていた人を知っているよ」と言う人も居るでしょう。
そう、かつては専業主婦でも、キャッシングの利用は可能でした。しかし今は、昔とは状況が大きく異なっています。
どういうことかというと・・・平成22年6月に施行された
「総量規制」が大きな影響を与えているのです。

 

総量規制の規制内容の中には「年収の3分の1までしか借りられない」という趣旨の規制も含まれており、この規制こそが、専業主婦のキャッシング利用の大きな壁となってしまっているのです。

 

専業主婦は無収入だからこそ、「年収の3分の1」の額も、ゼロ円にしかならず、キャッシング業者が総量規制を守る以上、融資枠を与えるわけにはいかない、というわけです。

 

専業主婦がキャッシングからお金を借りられるケースとは?

 

というわけで総量規制の影響で、専業主婦がキャッシングでお金を借りることはきわめて困難となってしまったわけですが、実は「まったく不可能」というわけでもありません

 

たとえば配偶者である夫が、専業主婦である妻がキャッシングを利用することに同意し、同意書や夫の収入証明書類、さらには婚姻証明までも提出する、といった徹底的な手続きを踏まえれば、法的には「夫の信用を借りて、専業主婦がキャッシングからお金を借りる」ということは可能です。

 

ただし、こうした手続きは、キャッシング業者にとっては事務と管理の手間を増大させるだけでほとんどメリットがないため、取り扱いをしたがらない、取り扱いを断る、というところが大半なのが現実です。実際、キャッシングのホームページを見ても、専業主婦のこうした借り入れ条件まで書いてくれているところは皆無に近いですからね。

 

ですから、このような「抜け道」を必死に探すよりは、パートに出るなどして定期的収入を得て、「キャッシングを利用できる資格を自分で持つ」ということを考えた方がいいでしょう。