学生でも借りられますか?

 

学生がキャッシングからお金を借りることは可能でしょうか。
ここではそれについてお話ししましょう。

 

継続的なアルバイトをしていますか?

 

 

学生がキャッシングからお金を借りられるかどうか・・・

 

その大きな分かれ道になるのが
「継続的なアルバイトをしているかどうか」です。

 

そう、たとえ学生であっても、短期アルバイトではなく継続的なアルバイトで、

 

ある程度収入が安定している状態であれば、
キャッシングを利用できる可能性があるんですよ。

 

とはいえ、いくら「アルバイトをして安定収入がある」といっても、
年齢が20歳以上でないと借りるのは厳しいです。なぜなら未成年者は原則として、両親などの法定代理人の同意を得ないと借り入れすることができない、と法で定められていますからね。

 

ですから、学生という立場でも、キャッシングで借りられる可能性が出てくるのは
「20歳以上でなおかつ、アルバイトの安定収入がある人」ということになりますね。

 

学生ローンとカードキャッシングの違い

 

年齢や収入など、一定の条件を満たした学生が利用できるキャッシングの融資商品の代表格と言えば、
学生ローンとカードキャッシングでしょう。

 

学生ローンとカードキャッシングの違いは
「一回限りの振込み融資か、カードで何度も繰り返し借りられるか」ということ。

 

便利さを比較すれば、「使いたい時にいつでも使える」というカードキャッシングのほうが上ですが、正直なところ、学生時代から「カードの範囲内とはいえ、繰り返しお金を借りることに慣れてしまう」というのはあまりおすすめできません。

 

そもそも学生のアルバイトというのは、「勉強という本業が別にある」という状態だけに、勤務形態としてはもっとも不安定なものなのです。収入源が不安定なことを考えれば、カードキャッシングを繰り返し使うというのはリスクが高いと考えられるわけです。

 

ですから学生時代にキャッシングの利用を考えるなら、

 

「できるだけ最低限の金額を、口座に振り込むタイプの学生ローンで借りる」
という形にしておくのがおすすめです

 

「どうしても、不意の出費に備えるためにキャッシング用のカードを持ちたい」という人は、カードの融資限度額をできるだけ低く抑えて申し込むようにしましょう。