ブラックリストってどんなリスト?

 

「ブラックリスト」という言葉は、誰でも一度は聞いたことがあるでしょう。

 

「延滞してしまって、ブラックリストに載った」「自己破産のブラックリストがまだ残ってる」
などという使い方をされる言葉ですよね。

 

このブラックリストとは、いったいどんな情報なのでしょうか。

 

「ブラックリスト」という名のリストは存在しない!?

 

 

「ブラックリストとは、キャッシングなどの金融業会の間で出回っているリスト」などと思っている人は少なくありませんが、実は、「ブラックリスト」という名前のリストが、実際に存在するわけではありません。

 

ではブラックリストとはなんなのかというと・・・
ひと言で言えば、個人信用情報の「事故情報」のことです。

 

事故情報というのは、延滞や債務整理などのネガティブな情報のことで、通称「ブラック情報」とも呼ばれています。

 

 

そしてこの「ブラック情報が、個人信用情報という情報リストに登録されてしまう」という状態に対して
「ブラックリストに載る」という言葉を使うようになったわけです。

 

つまりブラックリストというのは、あくまで個人信用情報の一部にすぎない存在だ、ということですね。
金融機関に冊子などの形で出回っているというのは、まったくのデマなのです。

 

誰に見られるのか?ブラックリスト

 

さて、こうなると気になるのが、「私は延滞をしたことがあるのでブラック情報が登録されているはずだけど、私のブラックリストはどんな人に見られてしまうのか」ということですね。

 

個人信用情報に登録されているブラックリストを見ることができるのは、基本的には
「本人」および、「本人から個人信用情報の照会の承諾・同意を受けた金融機関など」
のみに限られています

 

「私はキャッシング業者に、個人信用情報を見ていいなんて承諾した覚えはない」と不満に思う人も居るかもしれませんが、実はキャッシングの申し込み時に、必ずこの点について、同意をとりつけられているのです。

 

たとえばインターネット申し込みのフォーム入力をした場合、途中で「同意する」というようなボタンが出てきますが、あの同意項目をよく読むと、そこに「私の個人信用情報を、見てもかまいません」という趣旨の内容が盛り込まれているんですよ。

 

そしていったん同意を取りつけた以上、そのキャッシングと取引がある間は、「個人信用情報は、そのキャッシング業者にいつ見られても文句が言えない」という状態になるのです。同意内容には、「申し込み時だけでなく、必要に応じて個人信用情報を見てもいい」という趣旨の内容も盛り込まれていますからね。

 

ですが、逆に言えば、申し込みも取引も何もしていない金融機関から、勝手に個人信用情報を見られるということはまずありません。ですからその点では、「たとえブラックリスト情報があっても、それを誰にでも簡単に見られてしまうというわけではない」という安心感はあるわけですね。