過払い金返還請求の流れ

 

過払い金返還請求を実際にするとなると、どんな流れになるのか、ここではそれについてご説明しましょう。

 

過払い金返還請求を弁護士や司法書士に依頼しよう

 

 

過払い金返還請求の一般的なスタートは、
弁護士に相談してみるところから始まります。

 

もちろん「過払い金返還請求は、必ず弁護士に頼まないといけない」というわけではないのですが、

 

確実性を求めるならプロに任せたほうが安心なのです。

 

あと、弁護士だけではなく司法書士も過払い金返還請求の仕事はある程度できますが、法的に弁護士よりも権限が少ないため、「元金140万円未満の請求しかできない」という制約があります。

 

弁護士はこう動きます!

 

さて、過払い金返還請求の依頼を受けた弁護士がここからどう動くかというと、まずは「過払い金が本当に発生するかどうか」ということを把握するため、依頼人からの聞き取りや、キャッシング業者に対する「開示請求」をおこないます。

 

開示請求とは、これまでの取引の経過等についての情報を出すようにと請求すること。
ちなみに、現在のところ、キャッシング業者が取引の経過等を開示しなければいけない、という義務を法的にハッキリと示した規定はないのですが、金融庁が「開示を求められたら協力するように」という趣旨のガイドラインを出していますので、キャッシング業者が情報開示をしようとしない場合は、このガイドラインを根拠に「開示しなさい」と争うことになるケースもあります。

 

取引の経過等の情報が開示され、過払い金がいくらになるか分かったら、いよいよそこから「どれだけ返してもらえるか」について、キャッシング業者と本格的な交渉です。

「過払い金は全額返してもらうのが当たり前じゃないの?」と思われるかもしれませんが、最初から満額返還にすんなり応じてくれるわけではありません。それよりも少ない「和解金」を提示してくることのほうが多いです。

 

キャッシング業者としては、一度は会社の利益として確定させたお金ですから、できるだけ返したくないわけですね。

 

和解案がまとまらない、などという状態で合意ができなければ、いよいよ訴訟を起こし、裁判で戦うことになります。請求する過払い金の元金が140万円未満の場合は簡易裁判所、140万円以上の場合は地方裁判所が担当となります。