アルコシステム

 

アルコシステムは、「大手に比べて審査が甘い」と言われている中小のキャッシング業者の中でも、
特に審査の柔軟性が高いと評判です。

 

自己破産した人にも貸してくれるのはアルコシステムだけ!?

 

アルコシステムのすごいところは、
「自己破産した経験があって、その事故情報がまだ残っている状態にも関わらず貸してくれた」
という声が複数あがっていること。

 

何とアルコシステムは、
自己破産をしても免責を受けた人であれば、融資をしてくれる可能性があるのです。

 

他の事故情報ならともかく、
事故情報の中でも最悪のネガティブ情報である自己破産の人すら、
融資を検討してくれるというのはとても貴重ですよね。

 

ただし、アルコシステムの融資を受ける場合には、「保証料」の別途支払いを求められることが多いです。普通の基準では貸し出しできない人にも貸し出しをしているだけに「連帯保証人をつけろとは言わないけど、そのかわりに保証協会の保証を受けて下さいね」というスタンスをとっているわけですね。

 

小さい会社だけど長年の実績あり!

 

アルコシステムの創業は昭和58年、つまり1983年の12月。
生き残りが厳しいといわれる中小規模の業者でありながら、約30年もの期間コツコツと信頼を積み重ね、
経営を続けてきたという実績があります。

 

中小のキャッシング業者で、設立してから間もないようなところに関しては、
「ひょっとして悪徳業者かも」という不安がつきまとうものですが、
30年もの実績を持っているアルコシステムに関しては、そうした心配は無用というわけですね。

 

アルコシステムのキャッシングの特徴

 

アルコシステムのキャッシングの大きな特徴は、「低額を短期融資する」というスタイルをとっていることです。

 

融資金額は最大でも50万円まで、返済期間は最長でも3年間まで、という設定にしています。

 

そのため

 

「大きな金額を借りたい」
「月々の返済負担を軽くするために時間をかけて返したい」

 

という人には不向きかもしれませんが、
「本当に必要な最低金額だけ借りて、さっさと返す」というのは、実は借金返済として理想的な状態でもあります。

 

アルコシステムはそういう理想的な状態を作りやすくするために、
返済についてこのような設定にしているのかもしれませんね。